2012年から2013年かけて為替

1ドル70円後半から80円前半取引されていました。

 

 

  • マネタリーベースを、年間約80兆円ペースで増加させる。

  • 長期国債保有残高を、年間80兆円ペースで増加させる。

  • 買い入れる国債の平均残高期間を7年⇒7~10年に拡大させる。

  • ETFおよびJ-REITの保有残高が年間それそれ約3兆円、
    約900億円増加するように買い入れる。

  • 新たにJPX日経400に連動するETFを買い入れの対象とする。

 

などなど、難しいことを言っていますが

 

これにより為替は1ドル112円まで上昇、

日経平均株価は前日比755円値上がりして取引を終えました。

 

俗に言う、日銀の黒田総裁による『黒田バズーカ』第2弾です。

 

これは何が起きたのでしょう・・・

 

簡単に説明しますと金融緩和とは「金利」を引き下げたり、
世の中に出回るお金の「量」を増やしたりして景気を刺激し、
物価の安定を目指すこと
を意味しています。

 

出回る量を増やすわけですから需要と供給のバランスで
市場に円を供給すればするほどに、円安になります。l_085

 

つまり日銀が巨額のお金を刷りまくって円安に誘導する

ということです。

 

では円安とはどういことか!?

文字通り円の値段が安くなるということです。

 

こちらをご覧ください。

 

 

img_contents02

 

 

2012年から2013年かけて為替

1ドル70円後半80円前半取引されていました。

 

 

ところが今は1ドル118円(2014.11.20現在)を超えていますので

手に入れようと思ったら38円多く払わなくてはいけません。

 

では、この時に海外旅行、ハワイにでも行ったことをイメージしてみましょう。

 

 

 2012年080732

 1ドル=80円でした。たくさん買い物をしてお土産も買いたいあなたは10,000ドル両替し80万円を支払いました。

 

2014年11月

1ドル=118円でした。たくさん買い物をしてお土産も買いたいあなたは

10,000ドル両替し118万円を支払いました。
そして100万円を超えてしまったので申告することに・・・

 ※100万円を超える現金(有価証券含む)を海外に持ち出す場合は申告が必要となります。

 

いかがでしょう?

為替の違いだけで38万円を損したことになります。

では、円高と円安どちらがいいのでしょうか!?

 0-59

これは立ち位置の問題で明確な答えを出すのは

難しいかもしれません。

 

例えば有名なトヨタ自動車の場合
為替が1円、円安に動くと400億円ほど営業利益が増える

と言われています。

 

とんでもない金額ですね・・・

 

また同じく輸出をメインとしてビジネスをしている人なら利益は増え、
業績が上がればもちろんお給料も増えますね。

 

では逆に減る人はどんな人でしょう。まず輸入に頼ったビジネスをしている人。

 

これはかなり大変です。

仕入れの金額がいきなり上がってしまうことになりますし
大きな取引をしていればしているほど負担は大きくなるでしょう。

 

そして日本は生活に関わるほとんどの物を輸入に頼っています。

スーパーを見渡して見ればそれがよくわかりますね。

 

少し前なら円高還元セールとうたっていました・・・

それがまたお目にかかれる日が来るのでしょうか!?

 

一般的な生活をしている人のほとんどは円安になると家計の負担は大きくなるのです!

 

あなたはどちらでしょうか!?

日本にいて円だけを保有しているなら、

円安でお金の数字は変わりません。

 

しかしながら国外から見たらあなたの資産は目減りしていることになるのです。

 

今度は少し例を変えてみましょう。088052

 

 2012年

1ドル=80円でした。

海外に銀行口座を持っていたあなたは、10,000ドルを送金しました。

この時に使ったお金は80万円でした。

 

2014年11月

1ドル=118円でした。
ドル預金していたあなたは10,000ドルを日本円に戻しました。

このお金は118万円でした。034549

 

いかがでしょう?38万円ほど増えています。

 

特に何もしていませんが、預けておく場所の違いだけでこうなるのです。

もし円だけを保有し、円だけに頼った生活をしているのでしたら今すぐ対策してください。
何故なら冒頭にあるように、明らかに円安に進むことを国が名言しているのですから。

 

ではその1番いい対策の方法は!?

 

何と言ってもドルを保有することが
望ましいでしょう!

それも日本の銀行による外貨預金などではなく、海外の口座にアメリカドルで保有することです。

 

img_contents03

 

私は カンボジアにて不動産業をメインとして 
 icon-user カンボジア進出支援握手
・市場調査・法人設立支援・企業マッチング
 ・人材紹介 カンボジア進出する日系企業様をトータルにサポート。 

 

 

 icon-fighter-jet ビジネス視察ツアーの企画・アテンド4

 

 

ネットランド株式会社様との提携により年に数回、

ビジネス視察ツアーを開催中。

 

  飲食事業shu

カンボジアにて飲食ライセンス、

輸入ライセンス、保健省ライセンスを取得。

Five Create Co,. LtdのCEOとして

カンボジア初となる大型ショッピングモール

イオンモールプノンペンに出店しています。

 

 

 

 

これらの事業をカンボジアにて行っています。 

 

実はこのカンボジアという国はリエルという自国の通貨は存在しますが、
実際に出回っている通貨の90%はUSD、つまり米ドルが直接流通する珍しい国なのです。

 

私は3年ほど前からこちらでビジネスをしていますが、
タイミングよく一番円高の時に円からドルに替えてスタートすることが出来ました。

おかげさまで為替差益だけで収益は大きく上がり、
円安になればなるほど円ベースで考えたら資産は増えることになります。

 

ではなぜこのようなビジネスの仕方をしているのか・・・

それはやはり世界の基軸通貨がドルだからです!

 

例えば中国と取引をしても決済はドルですし、

そもそも中国の人民元も、香港の香港ドルも、ドルペック制といってドルに連動しています。

 

つまりグローバルな枠組みで考えたときにドルを保有している、
ドルでビジネスをしているメリットは多々あるのです。

 

そもそも私がこのような考えになれたのは、海外に出るようになったからです。

もちろん最初からそんな考えがあったわけではありません。

 

岩手県陸前高田市出身の私は18歳で上京し、

主にディベロッパー開発を行う中堅の不動産会社に就職しました。

 

実はここで学んだことが、若いうちから海外で起業することが出来た大きな要因でもあります。

 

なぜならこの就職した会社は、リクルート創業者である

江副浩正さんの立ち上げた不動産会社であり、リクルートもそうですが、
若いうちから大きな仕事を任せることで会社を伸ばすという経営方針により、

私自身も普通では考えられないような経験を若い時にさせていただきました。

 

入社後すぐにサービスアパトメントの管理・運営を担当し、

新規物件の立ち上げなど20歳そこそこの私が担当してたのです。

そして22歳まで都内のサビースアパートメントの開発を担当しておりましたが、
当時日系では初めてとなるアラブ首長国連邦ドバイでの

ホテルアパートメントの立ち上げメンバーとして赴任致しました。

 

約2年間のドバイでの生活では、慣れない海外での生活・言葉や文化の違いに戸惑いながらも、
なんとかオープンをさせる事ができ2009年に日本に帰国致しました。

 

この経験をしたことで海外から日本を見るという視点を養うことができたのです。

 

そしてその後、当初から考えていた起業の為約1年間の準備をし、
アジア各地を回りビジネスの地をカンボジアと決めて3年ほど前に独立起業し、現在に至ります。

 

こうして今思うこと、それはもっと皆さんに海外に目を向けてもらい
グローバルな視点を持っていただきたいということです。

 

今後ますますグローバルな視点が必要となり、国家の枠組みを超えて

ビジネスをすることが当たり前となるでしょう。

 

その大きな第一歩となるのがドル預金をすることではないでしょうか。

 

ドル預金を持つことのメリット

bre01

 

私は子供のころよく言われました・・・

大きくなったらとにかく汗水垂らして働いて貯金しなさいと・・・

 

そりゃ言うはずです!

 

何故ならその頃は郵便局に預けておくだけで10年もかからず倍になったのですから、
今の低金利が信じられませんよね。

 

しかしながら昔の日本のように高度成長を遂げようしている国は、世界を見渡せばあるのです。

実質カンボジアではここ10年で見ると平均経済成長率は7%を超えます。

リーマンショックの起きた2009年は落ちましたが、2012、2013共に7%超えです。

 

つまり昭和の日本をイメージしたらいいと思います。

アンコールワットを始めとする観光資源の目立つカンボジアですが
国自体大きく成長し、活気にあふれているのです。

 

これなら高金利もうなずけますよね。

 

今回、私がご提供させていただくのは

そんなカンボジアで政府の資本が入っている銀行としては最大手のACLEDA銀行となります。

 

日本の三井住友銀行とも提携し、先日同行が筆頭株主にもなりました。ac01
気になる方はACREDABANKで検索してみてくださいね。

 

もちろん英語ですがGoogle先生に翻訳してもらえば、

非常に優秀な銀行だということがわかります。

 

そんなACLEDA銀行のドル預金口座開設のサポートをいたします。

 

何と言っても
現地に行かず郵送のみに開設が可能となっています。

しかも使い勝手の良いVISAのデビット機能も付帯したカードです。

 

実はなぜこんなに円安が明確なのにドル預金をしないのだろうと考えた時に
ハードルの高さがあることに気づきました。

 

現地の言語や住所を求められたり、ac02

パスポートの公証化を必要だったりするのです。

 

そのため煩わしい手続きを出来るだけ省けるように各機関と交渉し、
これらを提出していただければ

ワンストップで提供できるようにしています。

 

 

 

contents04_title01

 

img_contents04

 

お申込いただいた後にお送りする必要書類の返送とこれらの提出が必須となります。

 

 

contents05_title01

 

img_contents05

 

 riyou2

 

price

 

 

このサポートサービスに含まれるもの

 

checkbox4口座開設必要書類一式及び記入例の提供

checkbox4日本、カンボジアでの各認証作業

checkbox4開設完了までの現地との連絡サポート

checkbox4開設時のデポジット(入金)100$

※サポート費に含まれます。

 

お届けするまでの流れ

 

nagare

 

 

銀行振込でのお申込はこちら

 

PayPalでのお申込はこちら

 

 

 今だけの4大特典(2014年末まで)

 

img_contents07_01

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_contents07_02 

 

 

 

 

 

 

img_contents07_03

 

 

 

 

 

 

 

img_contents07_04

 

 

 

 

 

 

 

 

contents08_title01

 

 

Q. ACLEDABankにスイフトコードはありますか?

A. ございます。ACLBKHPPになります。

 

Q. 普通預金の金利はどのくらいですか?

A. 年利0.5%です。

 

Q. 定期預金の利率はどれくらいですか?

A. ドル預金の場合、1年定期で5%、5年定期の場合は年利7.75%となります。

(2014.11現在)

 

Q. VISA付きとありますがクレジットカードですか?

A. クレジットカード機能としてもお使いいただけますが、

残高がある場合に使えるデポジットカードとなります。

 

Q. 口座維持費はかかりますか?

A. VISAの管理費として毎月0.9$かかります。開設後1年分前払いにて徴収されます。

 

Q. 最低預け入れ金額はありますか?

A. 50$となります。50$を下回った場合、

口座がロックされますがご入金して50$以上になれば使えるようになります。

 

Q. どのくらいでカードは届きますか?

A. 書類をご返送いただいて不備がない状態から2ヶ月ほどお時間をいただいております。
記入漏れや記入ミスがあった場合、さらにお時間をいただきますことをご了承ください。

 

Q. 口座開設後にすぐ入金しないとダメですか?

A. サポート費のうち100$を口座に入金(デポジット)します。
そのためすぐに50$を下回ることはございませんのでご安心ください。

 

Q. 日本でお金を引出すことは可能ですか?

A. はい、可能です。ゆうちょ銀行やセブンイレブンにあるセブン銀行などのATMで引出せます。
VISAのマークのあるATMでしたら世界中で引出すことが可能です。

 

Q. 引出せる上限金額はありますか?

A. 1日1,000$までとなります。カンボジア国外の場合、上限が1,000$です。

またショッピングの場合、1日の取引回数5回まで上限4,000ドル、インターネット上での最大支払額の上限2,000ドルとなります。

 

 ========================================

 開設には限りがございます。
各所の認証機関を通すため月に開設できる上限を100人までとさせていただいております。
申し込みが殺到した場合、時間を要するかお断りさせていただく可能性もございます。
また、現時点では開設できておりますが、香港の大手銀行様のように現地の言葉が
話せないと開設できないということがいつなるかわかりません。
お早目のお申し込みをおすすめ致します。

 ========================================

 

 price

 

銀行振込でのお申込はこちら

 

PayPalでのお申込はこちら

 

 

contents09_title01

 

もし、海外に銀行口座をお持ちでなく円のみを保有しているsyu2

場合は間違いなく開設することをお勧めします。円が安くなることが目に見えているならドル預金をしない理由はないです。

これは資産分散だけでなく、何よりお金に対する意識が高まります。そしてこの機会にぜひカンボジアという国を一度見に来てください。 内戦が長く続き疲弊した国ではありますが、

そこから復興するパワーは計り知れないものがあります。

昔の日本もそうでしたね!それを訪れると肌で感じられます。

 

今の東南アジアの熱気は凄いですよ!そしてカンボジアの人々は

戦後に驚異の復興を遂げた日本を尊敬しています。
ODAなどの経済援助もしてますしね。 口座開設をして訪れるあなたを心待ちにしています。

その時はぜひお声がけくださいね。

logo                                           代表 菅原 一高

 

 注 意 事 項  

  • 商品の提供ではなく、記入例の提供及び認証作業のサポートサービスとなります。そのため、手続き開始とともにサービスの提供となりますので、その性質上キャンセルは受け付けておりません。
  • 書類の記入代行、代書等は一切行っておりません。必ずご自身でご記入ください。
  • Asian Business Partner Corporationはカンボジア法人になりますので日本でのサポートを提携会社となる有限会社サンクチュアリに委託しております。
  • 必要書類の郵送やご返送も日本国内においてはサンクチュアリとなりますことをご了承ください。

 特定商取引に基づく表記プライバシーポリシー